エンジニアが学ぶべき需要の高い稼げるプログラミング言語とは?

エンジニアが学ぶべき需要の高い稼げるプログラミング言語とは?

IT業界では需要の高いのプログラミング言語、または扱えるエンジニアが少ないため希少性がある言語に対して高い値を付ける傾向が顕著です。
そこで、ここではエンジニア経験者が「IT業界で活躍するならどのプログラミング言語を学んでおけばいいのか?」「せっかくなら年収のいいプログラミング言語を学んでもっと稼ぎたい」と考えている方に向けて需要の高い、または高収入のプログラミング言語ついて解説します。

エンジニア経験者が実感!需要の高いプログラミング言語5選

まずは需要の高いプログラミング言語を5つ。
以下の5言語は非常にニーズが高く、転職や案件獲得のチャンスが多く転がっています。

Java(ジャバ)

1995年にアメリカのサン・マイクロシステムズ社(2010年にオラクル社により吸収合併)からリリースされたJava。世界中の開発現場で採用されており、シェア・人気ともにトップクラスの高需要プログラミング言語です

OSを選ばず、どのような環境でも実行できる汎用性の高さでWebサービスはもちろん、Webアプリやゲーム、企業の業務システムなど幅広い開発が可能な点が特徴です
文法が少々複雑であり、書くコードも長くなりがちというデメリットもありますが、豊富なライブラリやフレームワークを利用すればだいぶ手間が省けるようになります。

習得は容易ではありませんが、利用者・学習者が多い言語なのでプログラミングスクールの講座や関連書籍も多く、学習環境は大変恵まれています。一度習得すれば、しばらくは「まったく仕事がない」といった事態に遭遇する可能性が低い言語と言えるでしょう。

大学や専門学校、プログラミングスクールでも需要と将来性の面から学習をすすめられることも多いです。

Python(パイソン)

近年最も注目を集めているのがPythonと言っても過言ではないでしょう
その理由はAI・機械学習にPythonがよく使われているからです

Pythonの歴史はまだ浅いのですが、Pythonをサポートするコミュニティが活発であり、勉強会などが頻繁に開催されています。
また関連書籍も数多く出ているため、これから学習したい方でも情報に困りません。

Pythonの特徴は分かりやすく、書きやすい点にありますさらにプログラムの集まりであるライブラリが豊富なため、初心者でも簡単にプログラムを作れる点は大きな魅力です

Pythonで開発されているWebサービスは非常に多く、AmazonやYouTube、Instagramなどのほか、オンラインストレージサービスであるDropboxも該当します。
普段から使っているサービスだからこそ、Pythonがいかに優秀なプログラミング言語かおわかりいただけるのではないでしょうか。

JavaScript(ジャバスクリプト)

Web系エンジニア(特にフロントエンド)を目指すのであれば、JavaScriptは外せません
「Webページに動きをつける」「フォームを制御する」「高度な計算を実行する」などできることが多く、その万能さゆえに需要が非常に高いのです。そのため、習得したいプログラミング言語のランキングでは常に上位に。
Pythonと同様、登場してから日の浅いプログラミング言語ではありますが、プログラミング学習サイトや関連書籍などが多く揃っているので学習環境は大変恵まれています。

JavaScriptの特徴といえば、豊富なライブラリでしょう。なかでも「React.js」「Query」「Vue.js」などはわかりやすいうえ汎用性が高く、需要・求人数も多いので積極的に習得していただきたいライブラリです

PHP(ピーエイチピー)

PHPはWeb開発に特化したサーバーサイド言語です。1995年の登場以降、Webサービスの発達と共に発展・普及してきた人気言語であり、現在でも多くの開発現場で使われています。

PHPの特徴は何と言ってもデータベースとの連携が容易で、動的コンテンツの制作に最適な点でしょう。ユーザー・サーバー間のデータのやり取り(データの呼び出しや認証など)が頻繁に行われるECサイトや情報サイト、予約サイト、SNSはこのPHPで開発されていることが多く、高機能なサイトを構築できる世界No.1シェアのコンテンツ管理システム「WordPress」もその一つ。

システム環境に左右されず、文法と構文も実にシンプル。プログラミング学習の初心者でも学びやすい言語だと言えるでしょう。JavaScriptと同じく、効率的に開発できるライブラリやフレームワークも豊富なので習得しない手はありません。

Ruby(ルビー)

Rubyは日本発のプログラミング言語であり、主にWebサービスやアプリの開発に使われる言語です。特に「Ruby on Rails」というフレームワークを使うことでプログラミングの工数を大幅に削減できるため、Webサービスを作る際にはRubyがファーストチョイスとなるケースが多くあります。

Rubyで開発されているWebサービスにはソフトウェア開発のプラットフォームであるGitHubをはじめ、クックパッドや価格ドットコム、Airbnbなどがあります。

エンジニア経験者だからこそわかる!稼げるプログラミング言語3選

次にご紹介するのは稼げるプログラミング言語3選です。

Go(ゴー)

高収入につながりやすいプログラミング言語の1つ目は、あのGoogleが2009年に開発した言語、Goです。シンプルな構文で比較的習得しやすい言語であると言えるでしょう。

処理速度が速く、Webサービスからスマートフォン向けアプリ、IoT、ドローンなどの開発に使われるなど汎用性の高さも特徴。

需要が高いうえ、現状はGoをうまく扱えるエンジニアが少なく、希少性があることも単価が高くなっている理由です

R言語(アールげんご)

2つ目はR言語。最近のトレンド分野である機械学習やデータマイニングに使われていることが高単価の理由です

R言語はデータ分析に特化しているため、機械学習についてはPythonよりプログラミングしやすいですが、R言語単体でアプリケーションを開発できない点は留意しておきましょう。また、日本語での情報も少ないです

Scala(スカラ)

3つ目はScalaです。Scalaは汎用性の高さで人気のプログラミング言語Javaと互換性があり、Javaの動作環境さえあればScalaも動作可能であることから、Javaの後継言語とも言われています

Javaのライブラリを使用できるほか、オブジェクト指向も関数型も扱えるという大きなメリットも。
さらに、Javaで開発するより工数をグッと減らせるため、今までJavaを選択していた開発現場からは特に注目を集めています。
ただし、Scalaは新しい言語ゆえ統合開発環境(IDE)が充実していません。また、処理速度はJavaより遅いというデメリットも。

<未経験から始めて最短60日でエンジニア3年目相当の実力に?開発現場のノウハウを詰め込んだ超実践型オンラインスクール「UenoVarista」はここからチェック!>

仕事がなけければ始まらない!求人数が多いプログラミング言語とは?

需要の高いことを表す指標の一つに求人数があります。必要とされ、かつ人手が足りていない仕事は求人数が多いのと同様に、「この言語で開発できるエンジニアを採用したい」という需要の高いプログラミング言語は求人数が多いもの。
ここでは、大手転職サイト「doda」に掲載されている実際のプログラミング言語別求人数を参考としてご紹介します。(2023年10月時点)

  • Java:13579件
  • Python:5405件
  • PHP: 5405件
  • JavaScript:2499件
  • Ruby:2379件
  • C言語:2212件
  • C#:1835件
  • Scala:342件
  • Go:283件
  • R言語:35件

(出典:doda

いかがでしょうか。
先ほどご紹介した需要の高いプログラミング言語はやはり求人数も多いことがわかりますね。
これからプログラミング学習を始める方、そして新しい言語を学ぼうと考えているエンジニアの方は、こうした求人数・需要度を確認してから言語を選ぶことをおすすめします。

<高需要のJavaを高速マスター!最短60日で実務デビューできるプログラミンスクール「UenoVarista」→無料体験学習のお申し込みはこちらから>

まとめ

世界には200種類以上ものプログラミング言語が存在しますが、そのなかでもニーズの高く、高収入を狙えるプログラミング言語は限られています。今回ご紹介したプログラミング言語は一般的なIT企業のサービス・製品開発で採用されることが多いので、これらの言語を中心に学習を進めていけば多様な開発現場で活躍できる、高収入のエンジニアへの近道となるはずです。

需要・年収・やりがいなど多くの面で満足できるエンジニアになるには努力が必要ですが、一歩ずつ着実に取り組んでいきましょう。ぜひ、複数言語を自由自在に操れるフルスタックエンジニアを目指してください!

(参考)
doda

Webエンジニアの10年後はどうなる?予想や生き残る方法を解説
【入門】Javaの基礎知識や特徴、挫折ポイントも解説!
Webエンジニアに資格はいらない? 資格の必要性とおすすめの資格一覧を紹介
LifetimeEngineer編集部
LifetimeEngineer編集部
このライターの記事一覧

Lifetime Engineer(ライフタイムエンジニア)は株式会社アイ・ディ・エイチが運営する「生涯現役エンジニア」を目指す人のためのメディアです。 配信するのは技術に関するものをはじめ、キャリアやプログラミング学習、ライフハックなどエンジニア界隈の幅広い情報。 Lifetime EngineerはIT業界を縦横無尽に駆け巡る、息の長いエンジニアを目指すあなたを全力で応援します!

人気ブログランキング 人気ブログランキング

超実践型・就職サポート付きオンラインプログラミングスクール『UenoVarista』

株式会社アイ・ディ・エイチは、次世代のIT業界を担うエンジニアを養成すべく、就職サポート付きのオンラインプログラミングスクール『UenoVarista』を立ち上げました。
アイ・ディ・エイチが開発した独自の学習システムに基づく「自習」と現役エンジニアによる「課題添削」で効率的かつ深く学べるので、最短60日間で実務デビューできる実力が身に付きます。

修了後は「就業先の紹介」または「アイ・ディ・エイチへの就職」でエンジニアへの転職をフルサポート!
まずは一週間の無料体験にご参加ください。

UenoVarista

おすすめ記事

同じタグの記事を探す

プログラミング学習の関連記事