【なぜ?】無料のプログラミングスクールが成り立つ理由とおすすめのスクールについて解説!

【なぜ?】無料のプログラミングスクールが成り立つ理由とおすすめのスクールについて解説!

「無料のプログラミングスクールがある」と聞いたらどう思われるでしょうか。
スクールの受講料は数十万円かかることが一般的である中、まさかの「無料」です。
受講料の高さがネックで入学に二の足を踏んでいた方にとって、このような無料プログラミングスクールは非常に気になるものですが、一方で「怪しい」「後から高額な料金を請求されるのでは?」「教えるレベルが低いのかもしれない」などとと勘ぐってしまうのも無理はありません。
そこで、ここでは無料でプログラミングが学べる理由や仕組み、おすすめのスクール、受講する際の注意点などを解説します。

なぜ? プログラミングスクールが無料になる理由

プログラミングスクールの受講には本来、費用がかかるものです。高額なスクールになると100万円を超えることもあり、金額が原因で諦めている方も多いかもしれません。実際、高額ゆえに教育ローンの利用を可とするプログラミングスクールがあるのはこのためでしょう。
そうした中、なぜ無料のプログラミングスクールが実現できるのでしょうか。

企業から人材紹介料が支払われる

無料にできる理由は講座修了後、スクールが受講生を新人エンジニアとして企業に紹介し、採用されると企業からスクール側に紹介料が支払われるシステムになっていることがあります。
スクールはこの紹介料によって運営されているため、受講生には費用が発生しません。
つまり、転職希望者を企業に紹介し、採用になった場合は企業から紹介手数料が支払われる転職エージェントと基本的な仕組みは同じなのです。

寄付による支援

個人や組織からの寄付によって運営されている場合があります。これは特に、非営利の教育機関やコミュニティ主導のプログラムで一般的です。
こうしたシステムで成り立っている無料のプログラミングスクールの多くは10代、20代のプログラミング教育やキャリア支援を目的としていることが多いです。

出世払い

学生が卒業後、一定の収入を得るようになったら収入の一部をスクールに支払うという契約(ISA:Income Share Agreement)を結ぶことがあります。このシステムでは初期の教育費用は無料ですが、将来的に収入が発生した際は、その一部をスクールに返済します。

無料のプログラミングスクールは怪しくない!ただし検討は慎重に

無料と聞くと「怪しい」と心配になるものですが、このような仕組みがあることを理解できれば少しは安心・納得できるのではないでしょうか。
無料のプログラミングスクールの存在・仕組み自体は特段珍しいものではありません。
ただし、中には「紹介された先がブラック企業だった」といった口コミがあったり、紹介先企業を選べなかったりするスクールもあるため、入学は慎重に検討しましょう。

<【最短60日】修了後に就職できるIT企業付属のオンラインスクール『UenoVarista』を無料で体験→お申し込みはこちらから>

特待生制度や返金保証で無料になるスクールもある

なお、受講料が無料になるのは上記のような企業への紹介システムを採用しているスクールだけではなく、次のようなタイプもあります。

スクールの審査に合格すれば無料になる(特待生制度)

誰でも受講できるわけではなく、年齢やIT業界への転職意思、ITスキルの有無などが審査され、合格すれば無料で受講できます。

就職・転職できなかった場合は先に支払った受講料が返金される(返金保証)

基本的には受講料が発生しますが、転職がうまくいかなかった場合に「返金」という形で実質無料になります。転職活動で内定が出た場合、返金はないので注意が必要です。
こうしたスクールは「返金保証」や「転職保証」という形で手厚い転職サポートを提供していることが多く、確実に転職を成功させたい方におすすめです。

無料のプログラミングスクールおすすめ5選

それでは、おすすめの無料プログラミングスクール5選をご紹介しましょう。

0円スクール

0円スクール」はその名の通り、完全に無料で受講できるプログラミングスクールです。
「18歳以上35歳以下」という条件と、「転職意思がある」という条件はありますが、スキル面での条件や紹介企業への転職といった条件はありません。
現役エンジニアの課題に即したカリキュラムや個別指導など、学習を効率的に進められる体制が整っているのも魅力です。

【0円スクールの基本情報】
学べる言語・スキル:HTML/CSS、JavaScript、Java、SQLなど
無料になる条件:18歳以上35歳以下。 1年以内に転職の意思がある
授業形態:オフライン
期間:2~3ケ月
各種サポート:個別指導、ビジネスマナー講座など
公式サイトhttps://zero-school.com/

GEEK JOB

GEEK JOB」の「スピード転職コース」は、未経験からでもプログラミングの基礎を無料で学んで転職できるスクールです。受講生のスキルによっては短期間での受講も可能であり、IT系企業での就労経験がある場合は、10日から20日程度で転職できることもあるようです。
20代を対象にしているため30代以上の方は受講できませんが、有料の「プレミアム転職コース」も展開されているので、そちらの受講を検討してみてください。

【GEEK JOBの基本情報】
学べる言語・スキル:HTML/CSS、Java、PHP、Ruby、SQLなど
無料になる条件:20代まで
授業形態:オンライン
期間:最大3ケ月程度
各種サポート:個別指導、質問対応、書類添削、面接対策など
公式サイトhttps://camp.geekjob.jp/

プログラマカレッジ

プログラマカレッジ」は、転職後にすぐ活躍できる実践的なカリキュラムが魅力の無料プログラミングスクールです。経験豊富な元エンジニアの講師による指導や資格取得支援など、スキルを身につけやすいサポート体制が整っています。
プログラミングを学ぶ「プログラマーコース」だけでなく、インフラ分野をメインに学習する「クラウドエンジニアコース」も提供されている、珍しいスクールでもあります。

【プログラマカレッジの基本情報】
学べる言語・スキル:HTML/CSS、Java、PHP、Ruby、SQL、Linux、ネットワーク、AWSなど
無料になる条件:基本的には20代限定、紹介企業への転職
授業形態:オンライン
期間:1ケ月~3ケ月程度
各種サポート:資格取得支援、書類添削・面接対策など
公式サイトhttps://programmercollege.jp/

ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミー」は、ネットワークエンジニアに転職できるスクールです。資格支援サポートや就職支援サポートはもちろん、上京支援サポートも提供しているため、地方からの受講もできます。
受講するには都市部での就職や紹介企業への転職といった条件がありますが、未経験からでも第一線のネットワークエンジニアとして活躍するチャンスがあるスクールです。

【ネットビジョンアカデミーの基本情報】
学べる言語・スキル:ネットワーク(CCNA)
無料になる条件:18歳から31歳まで、紹介企業への就職、カリキュラム全体の90%以上に出席、東京・大阪のいずれかにて勤務できる
授業形態:オフライン・オンライン
期間:1ケ月~2ケ月
各種サポート:資格取得支援、書類添削、面接対策など
公式サイトhttps://www.netvisionacademy.com/

ITCE Online アカデミー

ITCE Online アカデミー」は、実践型のカリキュラムで未経験からでもITエンジニアを目指せる無料プログラミングスクールです。インフラ分野とWebプログラミング分野のいずれかを選択できるので、お好みに合わせて受講してみてください。
2週間で受講できる短期集中型か、休日だけで学習できる休日集中型のいずれかを選択でき、在職中でも効率的に通えるスクールです。

【ITCE Online アカデミーの基本情報】
学べる言語・スキル:ネットワーク、サーバー、HTML/CSS、JavaScript、PHPなど
無料になる条件:20歳から30歳、転職希望者
授業形態:オンライン
期間:2週間~3ケ月
各種サポート:個別指導、質問対応、書類添削、面接対策など
公式サイトhttps://www.it-careerexpo.com/itce-academy

無料のプログラミングスクールを受講する際の注意点

無料のプログラミングスクールには注意すべきポイントもあります。
具体的には以下の3つの点に注意して受講を検討しましょう。

30代や40代は無料のプログラミングスクールに入学できない!?

無料になる条件は事前にチェックしておきましょう。無料のプログラミングスクールと言っても、スクールによって条件はさまざまです。「20代限定」などの年齢条件(30代や40代は有料)のほか、都市部へ就職しなければ無料にならないスクール、途中で退校した場合や就職先企業を短期で退職した場合は違約金が発生するスクールもあります。
状況によっては有料スクールまたは有料講座の方が最適な場合もあるため、「無料」という言葉に引きずられず、将来のためにベストだと思われる選択をしましょう。

有料のスクールに比べてサポートが充実していないことも

無料のスクールには受講料がかからないという大きなメリットがありますが、有料のスクールと比べるとサポートやカリキュラムが充実していないこともあります。カリキュラムの選択肢も有料のスクールより少ないため、目的に合わない言語しか学習できないことも珍しくありません。

希望に合わない就職先を紹介される可能性もある

無料のプログラミングスクールの多くは紹介企業への転職を条件としています。
そのため、就職先の選択肢がどうしても少なくなってしまう点は否定できません。カリキュラムが限定されているのもこうしたことが背景にあったりします。
どうしても転職したい業界にこだわりがある場合には、有料のスクールも視野に入れて検討しましょう。

<講座修了後、実務デビューまで一直線!就職前提のオンラインプログラミングスクール『UenoVarista』とは?→詳細を見る

まとめ

「無料」はメリットだけではありません。受講料が無料になる条件やサポート体制によっては可能性が狭まってしまうことがありますから、スクールや講座の情報は時間をかけて検討することが大切です。
無料のスクールで不安がある場合は思い切って有料のスクールや講座も選択肢に入れましょう。

【参考】
0円スクール
GEEK JOB
プログラマカレッジ
ネットビジョンアカデミー
ITCE Online アカデミー

初心者が失敗しないプログラミングスクールの選び方とは?基準や避けるべきスクールを解説
プログラミングスクールと独学、結局どちらがおすすめ?
「Progateは意味ない」って本当?活用法についても解説
LifetimeEngineer編集部
LifetimeEngineer編集部
このライターの記事一覧

Lifetime Engineer(ライフタイムエンジニア)は株式会社アイ・ディ・エイチが運営する「生涯現役エンジニア」を目指す人のためのメディアです。 配信するのは技術に関するものをはじめ、キャリアやプログラミング学習、ライフハックなどエンジニア界隈の幅広い情報。 Lifetime EngineerはIT業界を縦横無尽に駆け巡る、息の長いエンジニアを目指すあなたを全力で応援します!

人気ブログランキング 人気ブログランキング

超実践型・就職サポート付きオンラインプログラミングスクール『UenoVarista』

株式会社アイ・ディ・エイチは、次世代のIT業界を担うエンジニアを養成すべく、就職サポート付きのオンラインプログラミングスクール『UenoVarista』を立ち上げました。
アイ・ディ・エイチが開発した独自の学習システムに基づく「自習」と現役エンジニアによる「課題添削」で効率的かつ深く学べるので、最短60日間で実務デビューできる実力が身に付きます。

修了後は「就業先の紹介」または「アイ・ディ・エイチへの就職」でエンジニアへの転職をフルサポート!
まずは一週間の無料体験にご参加ください。

UenoVarista

おすすめ記事

同じタグの記事を探す

プログラミング学習の関連記事