フリーランスエンジニアは使えないといわれる理由と対策とは?

フリーランスエンジニアは使えないといわれる理由と対策とは?

「フリーランスエンジニアは使えない」という声が増えている昨今。
本来、フリーランスエンジニアは独立できる十分なスキルが備わっていることが前提であるにもかかわらず、このような声が上がっているのはなぜなのでしょうか。
そこで、ここでは使えないフリーランスエンジニアが増えている背景や使えないフリーランスエンジニアが使えないといわれる理由、使えないフリーランスエンジニアからの脱却方法などを解説します。

使えないフリーランスエンジニアが増えている背景

はじめに、フリーランスエンジニアが使えないと言われている背景を3つ紹介します。個々の特徴だけではなく、市場全体の流れも押さえておきましょう。

優秀なエンジニアの不足

IT市場は、人手不足状態が続いています。経済産業省が発表したレポートによれば、2030年までに79万人のIT人材が不足する可能性があるとのこと。
現在も、エンジニアは人手不足であり、多くの企業は常にエンジニアを探し回っている状況です。技術力の高いフリーランスエンジニアはすぐに市場で買われてしまうため、技術力の低いエンジニアにも仕事を依頼せざるをえなくなり、結果として使えないと言われることが多くなっているのです

エンジニアの初心者層の増加

近年、エンジニアの需要が増えたことに伴い、独学やプログラミングスクールで学んだばかりのロースキルエンジニアが市場に多く出回ることになりました。未経験から1年程度の実務経験でフリーランスエンジニアとして独立する人も増えています。
その結果、技術力の低いフリーランスエンジニアが増え、実務経験が浅いフリーランスに仕事を依頼したクライアントから、使えないとの声が上がるようになっています。

フリーランスエンジニアが使えないといわれる理由

フリーランスエンジニアが使えないといわれる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。上記背景を前提にしつつ、今後は具体的な「使えない理由」を確認していきましょう。

納期に遅れる

「使えない」といわれてしまうフリーランスエンジニアは、期限内に仕事を終わらせることができず、遅延を頻発することがあります。
また、予定の変更や遅れを事前に伝えられず、トラブルを防止できない傾向も
フリーランスエンジニアとして案件を継続的受注するにはクライアントから信頼を勝ち取ることが重要ですが、こうした事態がしょっちゅう起こるようでは「使えない」と判断されても仕方がありません。

プログラミングスキルが不足している

基本的なプログラミングスキルはあるものの、最新の技術やトレンドに追いついておらず、依頼されたタスクの実装が遅い、または不完全といった特徴があります
エンジニアにとって新しい技術を用いたプログラミングのスキルは必要不可欠です。
たとえ案件を獲得できたとしても、クライアントが満足するレベルのず成果物を納品できず、結果的に使えないエンジニアという烙印を押されてしまいます。

コミュニケーションが取りづらい

対面をはじめ、チャットやメールでもコミュニケーションに難がある点も、使えないといわれるフリーランスエンジニアにはよくみられます。コミュニケーションが難しいとチームとの連携が取れず業務も円滑に進みませんし、お互いにストレスを抱えてしまいます

ルールやガイドラインの無視している

プロジェクトのコーディングルールや開発ガイドラインを守らないこともマイナス判断される原因の一つでしょう
ルールやガイドラインを守らなければ、他のメンバーとのコードの一貫性がなく、作業が増えてしまいます。

モチベーションの低さ

仕事に対する熱意や意欲が感じられない点も特徴として挙げられます。
そのつもりはなくても、クライアントにそう見えてしまったらそれまでです。
タスク待ちの間、適切に次のアクションを取らないことも「モチベーションが低い」と思われてしまう要因になります。

<不安になったらいつでも会社員に戻れる。就職保証付きのフリーランスエージェント『IDHフリーランス』の詳細はこちら

使えないフリーランスエンジニアの末路

使えないフリーランスエンジニアの烙印を押されてしまうとその後、どうなってしまうのでしょうか。使えないフリーランスエンジニアの末路とは……。

プロジェクトの途中放棄

納期遅延やスキル不足により、プロジェクトを途中で放棄するパターンです。
これにより、クライアントからの継続依頼は来ず、悪い評判が立つと他のクライアントからも敬遠されてしまいます。

収入が激減した

会社員エンジニア時代よりも、収入が激減してしまうパターンです。
スキル不足からロースキルの仕事しか割り当てられず、以前の会社員時代に比べて収入が大幅に減少する可能性があります。こうなるとスキルアップにも単価アップにも繋がりません。

案件を全く獲得できない

全く案件を獲得できないパターンです。
スキルや営業力不足により新しい案件を全く獲得できない、もしくは一度獲得した案件が単発で終わり、また一から新たなクライアント探しを再開しなければならない場合もあります。

体調を崩した

過労で体調不良に陥るパターンです。
ロースキルの仕事がメインになったり、スケジュール管理ができず仕事を引き受け過ぎたりして過労状態になり、疲労が蓄積して体調を崩すことがあります。

稼げず転職活動を開始した

フリーランスエンジニアとして独立したものの、案件を獲得できず貯金が底をつき、再就職を目指して転職活動をすることになったパターンです。
フリーランスエンジニアはクライアントに評価されて成り立つ職業ですから、そのクライアントから「使えない」と判断されてしまえば、フリーランスでいることを諦めなければなりません。
転職活動が順調に進めば良いですが、状況によっては難航してキャリアに空白ができてしまうこともあります。

使えないフリーランスエンジニアから脱却する方法

もし、上記の挙げた「使えないフリーランスエンジニア」に該当する場合、このままフリーランスとして活動することは難しくなります。
フリーランスとして活動し続けることを希望する方は、次に挙げる「使えないフリーランスエンジニアから脱却する方法」を実践してみましょう。

スキルアップする

フリーランスエンジニアとして最も重要なスキルです。そもそも成果物を完成させるスキルがなければ、フリーランスエンジニアになるべきではありません。
すでに習得している技術と新しい技術、両方をスキルアップさせていきましょう。

最低限のソフトスキルを身に付ける

ソフトスキルとは、

  • クライアントのニーズを把握して適切に対応できる適応力
  • 円滑に仕事を進めるためのコミュニケーション能力
  • 予期せぬ問題や課題が発生した際に適切な解決策を見つけ出す問題解決能力
  • チームで協力して同じ目標に向かって努力するチームワーク
  • 他者の感情を理解し、自分の感情をコントロールするEQ(エモーショナル・インテリジェンス)

などのことを指し、行動や感情を上手くコントロールしながら仕事を進めていくために必要な非技術的能力の総称です。これらのスキルを磨くことで、より良い人間関係を築き、プロジェクトの成功に貢献できるようになります。

ときには断る勇気を持つ

スキルや経験の面、スケジュールの面などで「難しい」と感じる案件は勇気を持って断りましょう。さまざまな無理がたたって結局仕事の質を下げてしまっては意味がありません。特にスキル面では自身のレベル、立ち位置を十分理解することが大切です。
「難しそうだけど、どうにかなるだろう」と高を括って安易に引き受けるのはやめましょう。

不明点を抱えたまま仕事を進めない

自分なりに不明点を調べたものの、わからなかった場合は素直にクライアントに確認しましょう。
不明点を解消せずに進めると再作業や修正が増えることで、プロジェクトの納期が遅れたり、品質が低下したり、想定外のコストが増加したりします。

自己管理を徹底する

フリーランスエンジニアは自己管理が何よりも大切です。
自己管理を徹底して常に万全の状態で仕事と向き合えるよう努力しましょう。締め切りギリギリになって焦って仕事を進めても、高品質な成果物にはなりません。自分でスケジューリングし、スケジュール通りに仕事を進める能力が必要です。

<還元率90%!リモートで働きながら高収入フリーランスライフを実現できる『IDHフリーランス』とは?→詳細を見る

まとめ

使えないと評価されるエンジニアは、技術力の不足や実務経験の浅さが原因であることが多いです。しかし、これらの課題を克服し、継続的にスキルアップを図ることで、市場での価値を高め、信頼されるエンジニアとして活躍することができます。使えるフリーランスエンジニアになる方法を学び、自己成長を目指しましょう。

フリーランスエンジニアは思ったより稼げない?稼げないエンジニアの特徴や改善策を解説!
【末路が心配】フリーランスエンジニアが抱えがちな15の不安と解消する方法とは?
フリーランスエンジニアは使えないといわれる理由と対策とは?
LifetimeEngineer編集部
LifetimeEngineer編集部
このライターの記事一覧

Lifetime Engineer(ライフタイムエンジニア)は株式会社アイ・ディ・エイチが運営する「生涯現役エンジニア」を目指す人のためのメディアです。 配信するのは技術に関するものをはじめ、キャリアやプログラミング学習、ライフハックなどエンジニア界隈の幅広い情報。 Lifetime EngineerはIT業界を縦横無尽に駆け巡る、息の長いエンジニアを目指すあなたを全力で応援します!

人気ブログランキング 人気ブログランキング

フリーランス→会社員が可能なエージェント『IDHフリーランス』のご案内

「フリーランスとして独立したいけど、不安定さが心配」
「万が一のときは会社員に戻りたいけど、できるだろうか」

株式会社アイ・ディ・エイチでは、このような不安を抱えるエンジニアがフリーランスとして安心して働ける、就職保証型案件紹介サービス『IDHフリーランス』を展開しています。

IDHフリーランス特徴とは?

当社が紹介する案件でフリーランスとして活動していただく一方、諸事情で働き方の変更を希望される場合は当社SES事業のSESエンジニア(正社員)として就職することが可能です
また、IDHフリーランスの保有する案件は7割がプライム案件で、報酬への還元率は9割
好条件を揃えることでエンジニアのやりがい・モチベーションを維持できる体制を整えています。

IDHフリーランスなら、フリーランスはもはや不安定・高リスクな働き方ではありません。
私たちは、新しい日本のフリーランスエンジニアの形を創り出すエージェントです。

IDHフリーランス

おすすめ記事

同じタグの記事を探す

フリーランスの関連記事