エンジニアに求められるコミュニケーション能力とその向上方法とは?

エンジニアに求められるコミュニケーション能力とその向上方法とは?

エンジニアにはコミュニケーション能力が必要になる場面が多々あります。
「エンジニアはプログラミングスキルが一番重要なのでは?」と思われがちですが、業務の適切に行うためには必須であり、これなくしてエンジニアとして成長は考えられません。
そこで、ここではエンジニアにとってのコミュニケーション能力の必要性や重要性、必要となるコミュニケーション能力の具体的な内容、コミュニケーション能力を磨くメリットやコミュニケーション能力を高める方法について解説します。

エンジニアにとってのコミュニケーション能力の重要性

プロジェクトを成功へ導くためにはアイデアを明確に伝え、プロジェクトの目標を達成するために、チームメンバーやステークホルダーと効果的にコミュニケーションを取る必要があります。
強力なコミュニケーションスキルは、問題解決、チームワーク、プロジェクト管理において不可欠です。
エンジニアというと、一人で黙々と作業をしているイメージがあるようですが、これはあくまで”傍からみたイメージ”であり、現実はまったく異なるのです。
では、エンジニアにとってコミュニケーション能力の重要性について、もっと掘り下げて見ていきましょう。

クライアントの要望を聞くとき

エンジニアはクライアントの依頼を受け、ニーズに合った成果物を完成させる仕事です。
そのため、クライアントの要望を引き出すコミュニケーション能力はエンジニアにとって必須です。クライアントのニーズに沿えているのか、コミュニケーションを通じて確認しなければなりません

チーム内での認識を合わせるとき

エンジニアはプロジェクトを成功させるために複数のエンジニアと協力して完成させることが多く、プロジェクトを成功させるためにはチームメンバー間でよくコミュニケーションを取って信頼関係を築くことが重要です

問題解決

プロジェクトが進むにつれ、複雑な問題に直面するは頻繁にあります。そのようなとき、チーム内での円滑ななコミュニケーションは問題点の見直しを促し、効率的な解決策を見つけるのに役立つのです。
「三人寄れば文殊の知恵」ということわざがありますが、これはITエンジニアリングの世界でもあてはまります。

知識の共有とスキルアップ

エンジニアは新しい技術や方法論を学び続ける必要があります。その際、他のエンジニアとのコミュニケーションを通じて知識や経験を効果的に共有できれば自身のスキルアップにつながりますし、結果的にチーム全体のスキルアップ、プロジェクトの行く末にも良い意味で大きな影響を与えるでしょう。

キャリアアップ

コミュニケーション能力は、PMやPLといった立場でプロジェクト管理やリーダーシップの役割を担えるようになるためにも重要です。今よりもっと大きな責任を担うためには、チームや組織内で自分のアイデアを効果的に伝える能力が求められるからです
(参照:PMになるには?方法や向いている人の特徴、必要なスキルを元PM社長が解説

以上から、エンジニアにとってコミュニケーション能力、技術的な能力と同じくらい重要であり、プロフェッショナルとしての成長とプロジェクトの成功に不可欠な要素だと言えるでしょう。

<案件自由選択制・会社都合の強制的なアサインなし!リモート案件多数でフリーランスのように働けるアイ・ディ・エイチとは?→詳細を見る

コミュニケーション能力があるエンジニアのメリット

高いコミュニケーション能力があるエンジニアは次のような大きなメリットがついてくるうえ、エンジニアとしての評価も高くなります。

クライアントのニーズを把握できる

コミュニケーションと通してクライアントのニーズをしっかり把握できれば、より顧客満足度の高いソリューションを提供できるようになります。コミュニケーション能力が乏しければクライアントのニーズを十分に引き出せず、見当違いの成果物になってしまう場合もあるでしょう。

チーム内の情報共有が円滑に進む

コミュニケーション能力を駆使すれば他のメンバーの考えを理解しつつ、自分の考えを正しく伝えられるので、チーム内の情報共有が円滑に進み、仕事の効率化につながります。

キャリアアップにつながる

コミュニケーション能力を高めればマネージメントを担うPMやPLに抜擢されたり、上流工程にステップアップしたりすることも可能です。逆に、コミュニケーション能力に難があると判断された場合、チームをまとめたり交渉したりする立場を任されるチャンスは少なくなるでしょう。

【もしかして必須?】ITエンジニアに営業力は必要なのか?

エンジニアに必要とされる具体的なコミュニケーションスキル

「コミュニケーション能力といっても少し抽象的でよくわからない」という方もいらっしゃるでしょう。そこで、コミュニケーション能力とは具体的にどのような能力のことを指すのか解説していきます。

端的でわかりやすい説明

複雑な問題や技術的内容を簡潔に説明する能力が求められます。相手によっては専門用語を避け、聞き手の理解レベルに合わせて情報を調整することも必要になるでしょう
どのような状況においても、端的でわかりやすいコミュニケーションは誤解を防ぎ、プロジェクトの目標に向けてチームを一丸として動かすために重要です。そのためにはこれを実現するには、ポイントを絞ったメッセージ、効果的なビジュアルエイドの使用、そして重要な情報を強調する能力が必要です。

ヒアリングスキル

コミュニケーションは双方向のプロセスであり、ヒアリングスキルはその中心。エンジニアにとって、他者の意見やフィードバックを理解し、適切に反応する能力は問題解決、チームワーク、そして顧客との関係構築において不可欠です。コミュニケーションの上手なエンジニアは話し手に注意を払い、質問をして理解を深め、表情や目の動きなどの非言語的な手がかりにも注意を払います。
丁寧なヒアリングはときに饒舌なトークよりはるかに高い信頼を得られる場合がありますから、ぜひ習得したいスキルです。

プレゼンテーションスキル

エンジニアはアイデアやプロジェクト進行状況、成果を効果的に伝える能力を持つ必要があります。これには聞く人の関心を引きつけ、情報を明確に伝え、質問に自信を持って答える能力が含まれます
また、話す内容の構成、読みやすいテキストや直観的でわかりやすい図やグラフを用意するなど、相手に自分の意見と熱意を伝えようとする気持ちを持って準備することも大切です。

共感力や協調性

協調性はチームメンバーがお互いの強みを認識して助け合い、プロジェクトの障害を乗り越えて目標を達成するためには不可欠です。独りよがりな頑固さやわがままさがあっては助け合うことができません
そして、共感性は対立や誤解が生じた際に他者の視点を理解し、共通の解決策を見つけるうえで重要です。相手のとの衝突を防ぎ、風通しの良い職場にするためにも必要です

エンジニアのコミュニケーション能力を向上させる方法

同僚や上司にフィードバックをもらう

信頼できるチームメンバーや上司に定期的にフィードバックを求めることで、自分のコミュニケーションがどのように受け取られているかについての洞察を得ることができます。
「こういった場合はどうすればいいのか?」「どのように説明したらいいのか?」といったお手本をお願いすると、より有益でしょう。

人前で話す練習をする

どんなに小さなミーティングでもいいので、人前で話す機会を作って練習しましょう。
実際の経験を通じてコミュニケーションスキルを磨けるので非常に効果的なうえ、人前で話す際の緊張を抑える訓練にもなります。

コミュニケーション講座の受講

コミュニケーション講座で専門家からビジネスシーンにおける上手なコミュニケーションの取り方を学ことも効果的です。
Udemyストアカなどのオンライン講座ではエンジニア・ビジネスパーソン向けのコミュニケーション講座が用意されているので、ぜひ活用しましょう。
特にエンジニア向けの講座では技術的な内容を非技術者に説明する方法、技術ドキュメントの作成技術に焦点を当てているので、かなり役立つはずです。

エンジニアのコミュニケーション能力を診断する方法

色々と解説しましたが、普段自分がどのようなコミュニケーションを取っているのか、もしくはどの程度のコミュニケーション能力があるのか客観的に見られる機会はそう多くありません。
そこで、ここではコミュニケーション能力を診断する方法をご紹介します。

コミュニケーション能力診断を受検する

コミュニケーション能力診断は、日本コミュニケーション能力認定協会が主催するコミュニケーション能力を診断するテストです。コミュニケーションの基本要素「聴く力」「伝える(説明する)力」「質問する力」「協調性」これら4つの項目で強みと弱みをチェックできます。
質問は12問なのでサクッと手軽に診断でき、100点満点中何点と点数がつけられます。また、上記4項目がレーダーチャートに表示されるので非常に分かりやすく、コミュニケーション能力を向上させるためのアドバイスも記載されているので今後取るべき行動の参考にもなります。

コミュニケーション総合能力診断を受検する

コミュニケーション総合能力診断は、公認心理師、臨床心理士、精神保健福祉士、現役経営者が中心となり作成された診断テストです。下記の11種類の項目を測定できます。

  • ①環境指数
  • ②対人不安の無さ
  • ③他者肯定感
  • ④孤独感の無さ
  • ⑤傾聴力
  • ⑥発話力
  • ⑦非言語力
  • ⑧アサーション力
  • ⑨論理性
  • ⑩説得力
  • ⑪ITの活用

コミュ力診断を受検する

コミュ力診断は、株式会社mgramが運営する全世界1,200万人以上が受験した性格診断テストです。コミュニケーション力を5つの要素に分解して診断されます。質問は全部で105問あり、時間はかかりますが非常に細かい部分まで分析してくれます。

<アイ・ディ・エイチは業界トップクラス83%の高還元率SES。年収100万円アップは珍しくない!?→詳細はこちらから>

まとめ

エンジニアはプログラミングスキルだけではなく、コミュニケーション能力を備えることで円滑に仕事を進められます。
管理職希望でなくてもコミュニケーション能力を鍛える価値は非常にあるので、「情報伝達のミスが多い」「言いたいことを理解してもらえない」「普段通りに話しているつもりなのに相手を怒らせてしまう」……このような状況を経験したことがある方は、今回ご紹介したコミュニケーション能力を向上させる方法を実践してみましょう。ちょっとした心がけ次第でこちらの思い・主張が伝わりやすくなりますし、人間関係も良好になります。

フリーランスエンジニアの面談対策!よく聞かれる質問や落ちる理由とは?
【もしかして必須?】ITエンジニアに営業力は必要なのか?
フリーランスエンジニアは思ったより稼げない?稼げないエンジニアの特徴や改善策を解説!
LifetimeEngineer編集部
LifetimeEngineer編集部
このライターの記事一覧

Lifetime Engineer(ライフタイムエンジニア)は株式会社アイ・ディ・エイチが運営する「生涯現役エンジニア」を目指す人のためのメディアです。 配信するのは技術に関するものをはじめ、キャリアやプログラミング学習、ライフハックなどエンジニア界隈の幅広い情報。 Lifetime EngineerはIT業界を縦横無尽に駆け巡る、息の長いエンジニアを目指すあなたを全力で応援します!

人気ブログランキング 人気ブログランキング

【プロエンジニア集団】アイ・ディ・エイチについて

株式会社アイ・ディ・エイチは「スキルのみで評価されるべき」との理念のもと、エンジニアが充実感を持って長く働けることを目指すエンジニアファーストのIT企業です。

「会社都合の強引なアサインは一切なし」「案件はエンジニアが自由に選択可能」「業界トップクラスの還元率83%(福利厚生含む)」などを筆頭に、「リモートワークの推進(フルリモート案件多数)」「社内イベントや帰社日の強制なし」「年間休日125日以上、自由休暇制度あり」など、エンジニアの希望や意思を最大限に尊重する経営を実践し、定着率97%を実現しています。

現状に不満や不安があるエンジニアの皆さん。アイ・ディ・エイチで本当に満足できるエンジニアライフを送りませんか。

アイディエイチ

おすすめ記事

同じタグの記事を探す

スキルアップの関連記事